千代花の話したいこと

ちよかのブログ

実際の差が縮まってきたからと推測されるほか経済の安定を演出しているとの指摘もある。

逆に少ないのは、北京、福建、湖北、貴 州、チベットの1回。
2回は安徽、湖南、海南、雲南。開発が遅れた分、近年の経済成長がめざましい西部地域が多い。
中国全体では15年の1度だけだ。
5~6回あった7地区をみると、消費者物価はプラス基調だが、卸売物価はマイナスが目立つ。
経済に占める重工業の比率が高い東北・華北はデフレ圧力が強く、名実逆転が起きやすいとはいえる。
逆に経済の構造転換が進む華中・華南地域は少ない。
回数ごとに色分けした地図を描くと中国経済の南高北低がはっきりと浮かび上がる。
GDP水増しに手を染める1つの理由は経済成長の目標にある。
中国は毎年、経済成長の目標をつくる。
各地方政府もつくるが、暗黙の了解がある。
地方政府の目標は中央政府と同じか、上回らなけ ればならないことだ。
国務院発展研究センターの趙昌文氏と朱鴻鳴氏の著書持久戦新論によると、12~16年の成長目標で、12~14年は中央政府を下回る目標を掲げた地方政府はない。
15、16年は4省、17年は2省だけが下回る目標を掲げた。
しかも多くの地方政府が目標を達成した。
本来は地方の経済成長率の加重平均が中央の成長率のはず。
大半の地方が中央を上回る成長を達成していると、辻褄が合わなくなる。
地方GDPの水増しや改ざんはかなり広がっているとみてよいだろう。
中央はどうか。
外国人エコノミストの多くがデフレーターを操作し実質GDPの見栄えを良くしていると疑う。
14年7~9月期から中国の四半期の実質成長率は動いても0.1~0.2ポイント。
成長目標と実際の 成長率の差が縮まってきたからと推測されるほか経済の安定を演出しているとの指摘もある。
それはそうとして、「ドルチボーレの通販」について。
ドルチボーレ通販
気になる味も、赤ちゃんや子供が大好きなグレープ味で、苦手な歯磨きも好んでやってくれるようになりますよ。
歯が生えてきた頃からしっかり虫歯ケアをしていく必要がありますし、嫌がるからと無理矢理してしまうと歯磨きが嫌いになってしまうこともあります。
まずはガーゼでジェルを少量付け、なでるように1本1本丁寧に磨いてあげましょう。